TOP

素人好きは新人風俗嬢に限ります!初々しい娘との体験談です!

全国屈指のピンサロ激戦区五反田!老舗のこだわり店舗も見逃せない

【再開発が進み、大きく発展しつづける五反田】
東京都内のうち、新宿や渋谷、池袋などに比べると、五反田にはやや地味な印象もお持ちという方が多いかもしれません。しかし、店舗型ファッションヘルスやピンサロなど、老舗の店舗型風俗店が軒を連ねる、風俗好きとしては見逃せないエリアなんです。五反田駅西口方面は大企業や銀行が入るオフィスビルが目立つビジネス街です。一方の東口を出て少し歩くと、武家屋敷の面影を残す高級住宅街となっています。外国の大使館、病院といった大きな建物が並びますが、武家屋敷跡の庭園などもあって東京都内としては緑も豊かで、落ち着いた町並みが広がっています。さらに歩を進めると東五反田2丁目。こちらはお隣の大崎駅とあわせて、「大崎副都心」として注目されている再開発エリア。高層ビルやマンションがどんどん建設されており、そういった新しいビルに新しい企業が入っていくという、勢いを感じるスポットです。さて、肝心の風俗街はどこかといいますと、五反田駅東口を出てすぐに、飲食店とラブホテル、そして店舗型風俗が密集する繁華街があります。五反田の店舗型風俗店はほぼこのエリアに集中しています。


【五反田風俗といえばピンサロ!全国屈指のピンサロ激戦区】
五反田駅周辺は品川区です。品川区発のデリヘルやホテヘル、イメクラ、オナクラも大抵のお店の派遣範囲内ですし、五反田発というお店もそれなりに存在しています。風俗で遊ぼうと思った際の選択肢の豊富さは東京屈指といえるでしょう。ですが、五反田の風俗といえばやはりピンサロという方は多いのでないでしょうか。そもそも、いまや全国の多様なジャンルの風俗店で採用されている、複数の女性が立ち替わりで現れ、プレイを楽しむことができる「花びら回転」というシステムも、五反田のピンサロ店が発祥とされています(異説もあります)。五反田の風俗といえばピンサロが主流であり、それだけに人気店がしのぎを削る大競合エリアとなっています。その結果、気軽・手軽・安価でありながら五反田のピンサロ店はどこもハイクオリティ。また、店舗型の老舗ヘルス、SM専門店などといった、こだわりを感じる店舗も見逃せません。五反田にお立ち寄りの際は試してみてはいかがでしょうか。


五反田の風俗でも女性求人は難しい

風俗業では商品となる女性の確保は最重要な項目です。しかし、単純に働き手となる女性は多くはない為、働いたいという魅力のある条件の店舗に集まりがちです。しかし、お客さんに困らないような有名店であっても女性は働きたいと思わないこともあります。忙しさに比例してお給料が得られるだけでは納得をしないからでしょう。風俗業はそれなりにしっかりとした歩合制を敷いているところがほとんどですので、働いた量だけお給料となることろがほとんどです。ですが、その割合はお店のルール次第という部分が多く、働く女性にとっては納得のいかない部分もありそうです。ですので求人情報を見て面接に来たタイミングで、お給料の取り分とルールに関してはしっかりと確認をする必要があるでしょう。ただし、風俗店もずる賢いというわけではなくしっかりと経営面を考えてルールを定めている場合がほとんどです。一回あたりの指名に対しての給与を高くしてしまうと、出勤率に響く場合がありますので、なるべく安い日給に抑えようという動きがあるのも確かです。転店を繰り返しながらより良い条件の店舗を探して移り変わろうとする女性が多いでしょうが、どこの風俗店もこの問題にぶち当たることでしょう。そうなると根本的にはよほどの店舗との信頼関係が構築できていなければ、取り分の多い給与にしてもらうということは不可能でしょう。これを解決する為に、風俗では働く女性がより良い環境で働けるようにと意識している店舗が増えているようです。五反田のピンサロ店の場合、寮や託児所を用意したり、出勤の緩さを設けて、求職や復帰も自由にしているところが多いようです。お客さんの多さに比例して女性のシフトを女性の多さでカバーしている傾向があるようです。ですので、急お休みなどに影響されず安定してお店を運営できるだけの女性キャスト同士の負担を軽減できる環境を設けているようです。簡単に休めるというメリットもモチベーションに繋がることでしょう。一般的な企業の女性の求人とは遥かに世界が違いますが、業界ならではの工夫をしながらの求人募集が非常に大切となってきているようです。


五反田の風俗で上位表示の媒体で良いところは?

風俗媒体のサイトで良いサイトといわれるといくつかの判断基準に別れると思います。『①サイト内での集客性がある』『②店舗サイトへの流入がある』『③店舗サイトへ良い効果がある』という3つに大別することが出きるでしょう。広い基準に見ると①だけのサイトは悪くはないですが、集客だけです。お店サイトに対して良い影響があるかという視点で考えると明らかに②か③が成立していないと活用する意味はありません。特に③に関してはかなり重要な意味合いを持っており、媒体サイトを利用する意味にも関係してくるものでしょう。今回の五反田で見てみると多くの風俗媒体サイトは①の条件しか満たしていません。広告を掲載してもサイト閲覧者を他のサイトに流す気がないのです。確かに問合せは増えるでしょうが依存性が高くおすすめは出来ません。ですので五反田風俗の場合は「駅ちか」くらいしか③の条件を満たしていないでしょう。同サイトの場合、店舗への良い影響を与えるリンク設定をしてくれています。ですので、同サイトが力を付ける度に店舗のサイトにも良い効果をもたらしてくれます。そうなると、店舗サイト自体の検索順位も向上して自力で集客を獲得することができる結果に繋がります。風俗媒体はこの店舗への影響なくして利用する意味はありません。要するに『自力で集客する力がないから媒体を使う』『検索結果への跳ね返りを期待して使う』のメリットを考えて使い分けることが大事なのです。ここまで分かると集客性も影響力もない風俗媒体サイトを利用する価値がないことが分かるでしょう。量産型の同じような形式で存在しているサイトは本当に意気がないことが分かってくるでしょう。